年賀状印刷 ランキング

過食症 原因

若い女性が物をたくさん食べる事で、ストレスを発散すると言うことはよく聞きます。しかし意図的であったり、また夜中でも自分の意志をコントロールできずに食べてしまい、そのあと罪悪感から下剤を飲んでみたり、むりやり嘔吐をしたりと食べた物の量に対して代償行為を行ってしまう事を過食症を言います。この過食症は拒食症などの摂食障害の一つで、正式名を神経性大食症と言います。

 

過食症の原因は本人が抱えている葛藤や生活に対するプレッシャーから来る事が多いようで、その原因は人それぞれと言えます。本人が思っている理想と現実とのギャップ、また家族からの期待に応えなければと言う気持ちの焦りや、それに巧く応える事ができない落ち込みなど、精神的な事が原因になっているケースが多いです。

 

拒食症と同じように思春期の女性に多い病気ですが、拒食症よりも自分の意志をコントロールできずに大量に食べてしまう事に罪悪感を感じ、最悪の場合は自殺を試みる事もあるとの事です。

 

また原因も精神的なもので、本人も意識していない不満などの場合があり、家族間での問題のケースも多いので、本人のみではなく家族で時間を掛けてゆっくりと、治療する事が必要があります。

過食症 治療

思春期に始まる事が多い過食症と拒食症は、両方ともスタイルや体重に対するこだわりと、太ってはいけないと言う強迫観念から起こる摂食障害と言われています。

 

特に過食症は思春期を過ぎても発生する事が多く、またコントロールする事が出来ない食欲と、食べてしまったと言う罪悪感から、下剤などの薬の使用、自分の指による嘔吐などの代償行為が伴う物です。体重などは標準体重またはスタイルを保つ事で、他の人に気づかれる事も少なく繰り返し行われる事で10年、20年と続く場合もあります。

 

過食症の治療ですが、拒食症と違って栄養状態も悪くなるわけではないので、通院による心理、薬物療法が治療の中心となります。過食症の原因には自己肯定が出来ずに抱えている精神的な問題がある事が多く、食欲をコントロールできなくなる時の状況、きっかけなどのパターンを理解して、食べたいと言う衝動を抑える訓練が必要です。

 

この時に自分の抱えているストレスや精神的なプレッシャーなどを見つけるためにカウンセリングを受ける治療もあります。通常は通院による治療ですが、過食症の罪悪感から自殺願望がある、下剤やアルコールなどの薬物依存が認められる等の場合は入院も治療の一つとして考えられます。

過食症 嘔吐

若い女性はスタイルを気にするあまりに、過激なダイエットや絶食など痩せる事に拘り、それが強迫観念をなって拒食症や過食症を引き起こす事があります。

 

この中でも過食症は食べる事で原因となっているストレス等を発散し、その後体重が増える事への恐怖から下剤を飲む、嘔吐を繰り返すなどの代償行為で一端食べたものを体の外に出そうと試みます。

 

この過食症は若い人だけでなく中高年で発生する事も多々あり、思春期特有の症状ではありません。また嘔吐などの代償行為によって体重は標準またはスタイルが良い事も多いので、見た目にはわからない事も多く、多くの過食症患者の人たちは日と知れず苦しんでいるケースが多い様です。

 

たくさん食べても自分で嘔吐の方法がわかると、簡単に嘔吐出来るようになり、食べても嘔吐すればいいと、その過食症を引き起こした原因を突き止めずに悪循環に陥り、ひどい場合は10年、20年とこの過食症の状態が続く場合があります。

 

拒食症も過食症も体重やスタイルへの強いこだわりに、精神的な不満、思うような結果が得られない達成感のなさなど、ストレスによる物が多く自分を肯定する事から治療を進めていく必要があるようです。

更新履歴